七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

不気味な予兆…。

◆あれ?なんだろう?この変な感じ…

 

現場で身体を動かして働くのが好きだった私に転機が訪れました。

 

何かが評価されて、表彰され、昇進し、同時に部署異動。

 

うちの会社で言うところの「出世」でした。

 

生まれて初めて、自分の机とパソコンと電話が用意され、デスクワークが始まりました。

 

しかし、数週間後あたりから、社内を歩いていると、船の上を歩いているようなゆらゆらした感覚が出てきたんです。大したことはありませんでしたが、少しだけ気になっていました。

 

なんか変な感じがするな…。

 

◆廊下が曲がって見える

 

まっすぐなはずの廊下や通路がゆっくりと歪んで見えていました。

 

毎晩赤ちゃんが夜泣きして熟睡できず、睡眠不足気味だったので、子育てでちょっと疲れているのかな?くらいにしか考えてなかったんですね。

 

今思えば、その時、気づいて適切な対応をしておけばよかった、と悔やまれます。

 

◆そして、社内食堂で…。

 

倒れました。意識はあったのですが、激しいめまいと頭痛で立っていられなくなったんです。

 

よく、立てたバットに頭をつけてグルグル回る遊び、ありますよね?

 

あの時の目が回る感覚とよく似ています。

 

自分の意志や気合だけではもう立っていられませんでした。それほど激しい揺れを感じていたんです。

 

三半規管の病気、メニエール病を疑って耳鼻咽喉科で検査しましたが違いました。原因不明です。

 

ずっと後に精神科で適応障害と診断され、会社に診断書を提出し病気休職するまでに至りました。