七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

適応障害、病気休職中の過ごし方は?何をすればいいのだろうか?

診断書を提出して、とりあえず1か月間の休職に入りましたが、

 

社会人になってGWも正月もあまり関係なく、大好きな温泉旅行にも行かずに、働き続けてきた私に、急に1か月間のヒマが発生しました。

 

f:id:ikumenpapakun:20170416080038j:plain

 

なかなかありえないことですよね。

 

◆さて、休職中は、なにをしようか。

 

うつ病での休職でも同じことが言えますが、気のおもむくままに好きなように過ごせばいいのです。

 

何か目的をもって生活し、行動する習慣が身についてしまっている人にとって、何もするなというのは少々酷かもしれませんが、頑張りすぎて心が疲弊しているのですから、たまには心を解放してあげましょう。

 

・眠くなったら寝てもいい

・読書したかったら好きなだけ読む

・テレビや映画を観る

・買い物に出かける

・スーパー銭湯で一日ダラダラ過ごす。

 

◆休職中、必ず実行したひとつだけのルール

 

簡単なことですが、毎朝、決まった時間に起きて朝日を10分間浴びること。

 

体内時計をリセットできます。

 

もし天気が良くて、気分もよければ、家の周りを軽く歩いてくるだけでもだいぶスッキリします。

 

私の場合は1週間くらい継続したら、なんとなく効果が出てきたように感じました。

 

いつか復職したときに順応できるよう、生活リズムはしっかりと保ちましょう。