七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

歩行を検知したら自動停止するエスカレーター。

f:id:ikumenpapakun:20170712071228j:image

先日もエスカレーターのマナーについてブログ記事を書きました。

 

子供と並んでエスカレーターに乗っていたら、歩行者からマナー違反とされ左側によけてくれ、と、トラブルになった件です。

 

おそらく全てのエスカレーターに、ポスターが貼ってあると思うのですが、そもそも歩いて登るなんて使い方はないんです。子供とは手をつないで並んで立ち、両側の手すりにつかまって乗るように書いてあります。

 

f:id:ikumenpapakun:20170712071613j:image

 どんなにポスターや駅の構内放送などでマナーについて周知しても、気遣い配慮で他の大勢の行動に合わせる日本人の国民性がある限り、改善はほぼ不可能でしょう。

 

ここからは私の妄想というかアイデアなのですが、

エスカレーターが歩行時の振動を検知したら思いっきり速度が低下し、それでも歩き続ければ停止。一定時間経過すれば段階的に速度が上がり本来の速度に戻る

 

歩行は迷惑行為であり、エスカレーターは二列で立ち止まって乗りましょう。

 

このメッセージを身体に染み込ませる機能を追加してほしいものです。

 

エレベーターなどの昇降機を開発販売している会社の技術者さん。もしこのブログ記事を読んでいただいていたのなら、ぜひこの機能を盛り込んでいただけないでしょうか。

 

以上、エスカレーター片側空けルールについてブログ記事を書きました。

 

お読みいただきありがとうございました。