七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

日本人の就職・転職活動① 終身雇用はもう古い?

スムーズな転職活動の仕方。

最近の日本国内では終身雇用という意識がだんだんと薄れてきていますね。

 

転職を繰り返しながら資格を取得したり経験を積んでキャリアアップを していくという人が増加しています。そして少しでも高い給料、好待遇を目指していきます。

f:id:ikumenpapakun:20170516135903j:plain

どれくらいのペースで転職するかというとかなり個人差はありますが、会社に就職してから2年から3年で転職を考えることが多いようです。

 

特に新卒、第2新卒など、20代から30代の若い世代における転職活動は最近活発になってきています。

 

さて、実際に転職しようと思った時に何をどのようにすれば スムーズな転職活動ができるのでしょうか?

 

まず必要なのは、

 

「なぜ自分は転職したいのか?しようとしているのか?」

 

を自分なりに整理することが必要なんですね。

 

嫌だからやめる、だけではまだ転職の動機としては薄いです。もちろん電通やヤマト運輸などのブラック企業の過労死問題などもありますから、うつ病や適応障害など健康を害するレベルだったら無理をするべきではないと思います。

 

次に転職活動と職探しの流れを把握することも大切です。

 

それぞれ各人の転職の動機は様々です。

 

今の会社から退職して仕事を変えようかなと考えた時に最初にすることは、自分の考えをまとめることです。そして、これ から就職活動をするに当たって自分がなにを身につけたいのか?を考えることです。

 

そのためには、まず今までの自分が今の会社の中でどんな仕事内容、キャリアを積んできたのかを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理してみることです。その上で進みたい 方向を検討します。

 

それからいよいよ職探し。

 

普段から様々な情報を集め続けることが大切です。

 

インターネットやフリーペーパー、もちろんハロ ーワークにも通って、様々な方法で調べて仕事情報を集めましょう。そしてその中から自分の希望に合った会社をピックアップしましょう。

 

しかし、求人誌、新聞広告などの紙媒体はどうしても新鮮な情報が伝わってきません。以前私が高額アルバイトを探していた時に新聞の折り込み求人広告を見て問い合わせたら「募集は先週終わっています」との回答でした。採用募集する企業が求人広告の掲載を契約する際、2週にわたってまとめて契約する場合もあり、1週目で応募人員に達してしまう、なんてことも普通にあるんです。

 

本や新聞広告は、印刷し配達されるまでのタイムラグが大きく、目に留まって問い合わせの電話をしてみたらすでに募集は終了していた、なんてことも多々あります。

 

やはりリクナビやマイナビなどの転職サイトを利用することです。情報が早く、効果的な転職活動と言えるでしょう。看護師や薬剤師などの医療関係者向けの就職・転職サイトも多くあります。

 

そして興味がある仕事、自分の能力や資格にあった仕事、チャレンジしてみたい仕事が見つかれば、職務経歴書や履歴書を作成して、その企業に応募してみましょう。

 

もちろん申し込む前に、面接や試験の準備もしっかりしておく必要があります。

そして円満退職へ

めでたく転職先の企業から内定をもらうこと ができたら、いまの会社の退職する日を決めて直属の上司に退職願いを提出します。ここは若干言い出しづらいかもしれませんが、後回しにすればするほど言い出しにくくなりますのではっきりと退職する意思を伝えましょう。

f:id:ikumenpapakun:20170506164220j:plain

立つ鳥跡を濁さずといいますが、返却するもの、たとえば社員証や制服類、会社から指示された書類など の各種手続きも漏れることなく行い、円満退職することを目指しましょう。

引継ぎは社会人としての常識です

自分がしてきた業務の後任者には、最後まで 丁寧に引き継ぎをするよう心がけましょう。今の会社は退職するかもしれませんが、人間関係は今後も続くかもしれません。後は野となれ山となれという考えは捨てましょう。そしてここまで説明してきた転職活動の流れを目安に転職活動の日程を組み立ててみましょう。

 

いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動のスケジュールを決めていきます。思いついてから内定をもらうまで、転職活動にかかった期間は1ヶ月から3ヶ月ぐらいという人が多いですね。

 

まずは、この くらいの期間を想定して自分なりの転職活動スケジュールを立ててみましょう。

 

以上、スムーズな転職の仕方についてブログ記事にしてみました。

参考になりましたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

www.papaikumen.net