七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

水や米で体質改善デトックス。ダイエットにつなげよう。

ダイエットは普段の食生活の見直しから

ダイエットのイメージとして、きつい運動にきつい食事制限、ライザップやメンズ痩身エステ、サプリメントを飲んで毎日筋トレ…。辛いし、お金もかかりそうですよね。楽して痩せる方法はないんです。生活習慣を見直すことはできますよね。

 

実は私も会社の定期健康診断や人間ドックで視力聴力正常、血圧脈拍正常、しかしながら肥満、脂肪肝、尿酸値、悪玉コレステロール高め(一言でいえば、デブ!痩せろ!ってことでしょうね)と言われてしまい、40代となった今、真剣に効果的なダイエットに取り組むべくいろいろ調べております。

f:id:ikumenpapakun:20170506104206j:plain

 

さて、男性も女性も関係なく、ダイエットの手段の一つに体質改善があります。

先ほど申し上げた通り、つらい運動や食事制限、筋トレサプリメントはとりあえずおいておきましょう。

体質改善で行うダイエットとは、何をして体質を変えていくのでしょうか。

そのまま米を食べ続けていいの?

体質改善のためには、まず最初に食事の内容を見直していくことです。毎日食べているものを意識的に変えることで、体にはかなりの変化がみられます。

まずは最初に、主食を変えるようにするといいでしょう。

日本人の主食といえば米ですが、精白米を使わず、玄米、雑穀米をメインにした主食にします。胚芽・米ぬかがついたままの玄米や、雑穀米では、白米では摂取できない様々な栄養成分を摂取できるのでおススメです。例えば玄米や雑穀米はビタミンB、食物繊維、鉄分が豊富で、ダイエットだけでなく体にも良い影響を与えます

 

ダイエットに欠かせない脂肪を燃焼させる働きも、玄米や雑穀米に含まれる成分で補うことができます。ダイエットにもいい影響がありますので、雑穀米や玄米を主食にすることをぜひ実行してみてください。。

 

余談ですが私も雑穀米を食べてみました。一週間くらい続けたら便秘が改善され、便通が良くなりました。やはり食物繊維が豊富なんでしょうね。また、おすすめは生シイタケを毎日一パック焼いて食べること。とろけるチーズを少し乗せて醤油で食べると最高においしいですし、おなかにも優しいです。またカロリーも少ないしいいことずくめですね。

米でなく水も意識する

体質改善には、水分補給も大事です。

体の中にいつまでも残っている毒素を出す、いわゆるデトックスのために、ミネラルウォーターを意識して飲みましょう。毒素や有害物質を体の中に保持しておくと、様々な悪影響が出ます。水道水を飲むよりは、良質な美味しいミネラルウォーターを購入してきて、飲むようにするといいでしょう。私は楽天市場やアマゾンの定期便を利用しています。産地にこだわって毎回水を変えて注文するのも楽しいものです。

 

 

ちなみに私は毎日2リットルのミネラルウォーターを飲んでデトックスしています。

ダイエットを意識して体質改善ををしていく場合、水をたくさん飲んで代謝を高め、体質改善の影響によって体重を減らしていけます。

さて運動してみましょう

f:id:ikumenpapakun:20170506104937j:plain

さて、主食であるコメと水をの摂取方法を見直したら、ちょっと運動してみませんか

とはいえ、普段から全く運動習慣がない人が突然何キロもランニングやウォーキング始めたらけがや病気を誘発しかねませんし辛すぎて続かない可能性も。

 

私は普段、駅の近くに月極駐輪場を借りていて、そこまで自転車で10分くらい走って通勤しています。その自転車通勤を徒歩通勤に変えました

これで自然に早起きできますし、毎日のカロリー消費にもつながります。

そして家を出るときにはヘルシアコーヒーや特茶を飲む習慣も作りました。

ヘルシアや特茶の効果は定かではありませんが、牛乳よりはましかなって感じです。

 

筋トレすると体重が増える、なんてよく言われます。

確かに筋肉繊維が一本一本太くなると、当然ながら体重の数値は上がります。

でも筋肉量が増えると代謝が上がりますから、カロリー消費しやすい体になります。

車に例えたら、燃費が悪くてすぐにガソリンがなくなってしまう状態ですね。

 

私は徐々に早朝のウォーキングやストレッチを開始します。

今度、スポーツ用品店でかっこいいジャージやスウェット、ランニングシューズを買って形から入ろうかと思っています。高いものを買っちゃったら継続するしかないですもんね。

 

以上、減量デトックスについてブログ記事にしてみました。

お読みいただきありがとうございました。

 

www.papaikumen.net