七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

30歳代からの転職って遅い??

30代からの転職について

より良い給料待遇やキャリアアップを求めて今の会社から、別の会社に転職活動をする際に、30代では遅いかもしれないと迷い悩む人がいます。

もしも年齢的なことを気にするのであれば、現在の会社にいる間に、転職を有利にする資格を取得することもひとつの方法ですよね。

f:id:ikumenpapakun:20170501072116j:plain

転職するなら資格を取ろう

でもさすがに仕事しながら弁護士や税理士、弁理士などの資格を取得するのは相当ハードルが高いかもしれませんが、社労士、簿記、行政書士、宅建などの資格はおすすめです。転職を有利にしたいと思っているなら、資格をとっておくことは悪いことではありません。

 

転職を思いついたら、その後になりたい職業と、そのために役立つ仕事をピックアップしましょう。転職をする時は、どういう業種や職種がいいのかをはっきりさせ、そのために使えそうな資格について情報を集めてみましょう。

転職に有利な資格とは?

でも手当たり次第に資格を取るのは労力の無駄です。せっかくとった資格でも転職先の会社の業務と全く関係ないものであれば、意味がありませんね。

不動産なら宅建

例えば宅地建物取引主任者の資格をとれば、不動産を扱う仕事や、住宅関係の仕事をしている会社への転職に有利になります。宅建は数ある資格の中で難易度が高い資格になりますが、難しいだけあって不動産関係の会社に転職する時には有利になります。

逆に言うと、誰でも簡単に取れる資格にはあまり価値がないんですね

 

医療系なら「登録販売者」

医療系の商品を販売する仕事につく人が取っておくといい資格に、登録販売者という資格があります。転職時期が30代になってからでも、男性でも、女性でも、性別問わずかなり有用な資格であるといえます。登録販売者の資格を持つ人を求める企業も意外に多いので、もし機会があれば資格取得を目指してもいいでしょう。

オールマイティーな資格

外国語検定

やはり、英語や中国語の検定をクリアしておくのはおすすめです。

外国語のスキルはどこに行っても邪魔にはなりません。

通信教育やスクールに通ってみるのもいいかもしれません。

パソコン系

どんな企業に行ってもパソコンのスキルはある程度求められます。エクセル、ワード、パワーポイントなどマイクロソフトオフィスはしっかりと使えるようにしておきましょう。苦手意識がある人はやはりアビバなどのスクールに通ってスキルレベルアップをしておきましょう。

 

 

転職がうまくいくように、30代の転職の成功率を上げる効果がある資格を取得して、アピールポイントを増やしておきましょうね。