七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

光の目覚まし時計とは?

眠れてますか?起きれてますか?

皆さん、よく眠ることは出来ていますか?朝太陽の光を浴びて気持ちよく目覚められてますか?

 

私もストレスで不眠になったことありますが、枕やマットレスを低反発に変えてみたり、アロマテラピーやってみたり、睡眠改善のサプリメント「ドリエル」なんかを飲んでみたり、色々試しまくったことがあります。最終的には心療内科で睡眠導入剤が処方されてしまった経験があります。 

 

L-テアニン7,200mg配合【NEMLINA(ネムリナ)】

 

寝られない、起きられない、疲れが取れないのって本当に辛いことですよね。

 

 f:id:ikumenpapakun:20170912174130j:image
「睡眠」は人生の約1/3もの時間を占めており、誰しもに必要な行為です。

 

忙しいときはついつい削ってしまいがちな睡眠ですが、健康や成長、またパフォーマンスの向上においても重要な役割を果たしています。

1.睡眠の役割

 睡眠には様々な役割とそれに伴う効果があります。

 

(1)脳の休息(集中力の向上・ストレスの抑制の効果)

(2)身体の回復(成長の促進・ケガの治療・病気の予防の効果)

(3)記憶の整理(情報や経験の整理・定着の効果)

 

 これらの効果を得るためには、しっかりとした睡眠を取ることが重要です。睡眠時間が足りなかったり、不規則な睡眠だったりするとこれらの効果を正しく得ることができません。

 

ではしっかりとした睡眠とは一体何でしょうか?

 

それは規則正しく眠ることです。人間の生体リズムは規則的に出来ており、ホルモンや体温などは規則的に変化をしています。それに逆らって生活をすると本来得られるはずの効果を得ることが出来ないのです。

 快適な眠りを得ることは、日中を快適に過ごし、自分の持つ力を最大限発揮するために大きな役割を果たします。
良い人生は良い睡眠から」と言っても過言ではありません。

2.睡眠のメカニズム

 快適な睡眠を得るために、睡眠のメカニズムを紹介します。
人間が眠くなるのには2つの理由があります。

 

(1)疲れのため。
(2)体内時計のため。

 

 一つ目は疲れが溜まることで起きる眠気です。脳や身体に疲れが溜まると、睡眠を促す物質が溜まり眠くなります。睡眠不足による眠気はこれに分類され、起きている時間が長いほど脳や身体に疲れが溜まるため、眠くなります。
 

二つ目は体内時計による眠気です。

 

この体内時計はメラトニンというホルモンの分泌量に左右され、メラトニンが減少すると目が覚め、メラトニンが増えると眠くなります

 

メラトニンの分泌量は光によって制御されており、朝に太陽光を浴びることでメラトニンが抑制され目が覚めます。それから15時間後、メラトニンの分泌量は増え、自然と眠くなります。

 

朝起きてから、15時間後に人は自然と眠くなるのです。

 

3.快適な眠りのために

快適な眠りのために必要なことは、「朝に強い光を浴びて目を覚まし、夜は暗くして眠る」ということです。

快適な眠りを得るためには「適度な疲れ」と「光」が重要です。

 

現代では電気の発展により夜でも光に溢れとても便利になりましたが、その分人間本来の生活リズムが崩れやすくなっているのも事実です。

 

夜に明るい光(特にパソコンや携帯電話スマホなどのブルーライトや蛍光灯の白い光)を浴び続けているとメラトニンが抑制されてしまうため、眠くなくなってしまいます。これは本来の睡眠のリズムを不規則にする要因になるため、注意が必要です。

 

また、冷え性に悩む女性が特にやりがちなのが、寝る直前の入浴、長湯です。

 

脳内や内臓の体温が上がり、活性化してしまうため、安眠効果は得られません。入浴は眠る2時間前には済ませ、ゆったりと心と身体をクールダウンしましょう。

 

また、寝酒もNGです。

寝付きだけは良くなりますが、アルコールを分解しようと、内臓が頑張ってしまいます。

 

理想は夜に光を浴びないことですが、難しければ光量を抑え、光の色を暖色系(オレンジ色の電球のような光)に変えることでも、メラトニンが抑制されにくくなります。

 

また、朝に浴びる強い光というのは太陽光のことで、朝に太陽光を浴びると目が覚めるだけでなく体内時計がリセットされて、規則正しいリズムが身体に刻まれる効果があります。

 

最近ではこの身体のメカニズムを利用した目覚まし時計もあります。

 

光目覚まし時計inti」という商品は太陽光のような強い光を使って目覚めを促す商品です。

 

光の目覚まし時計についてはこちらの公式ホームページで確認できます。↓↓

intiSQUARE

これは人間本来の生活に近いメカニズムのため無理をせずに起きることができ、生活リズムも整えられる効果があります。

 

ですから、夜型生活の人、不登校、うつ、適応障害の方にもオススメです。

 

商品の開発者がもともと睡眠で苦労していたということもあり、人間や睡眠のメカニズムについて不眠などに悩む人の立場から考えられています

 

目覚まし時計の価格としてはかなり高価なものですが、気持ちよく目覚めて健康に過ごせるのであれば、安い買い物なのかもしれませんね。

 

ちなみにですが、大音量アラームの目覚まし時計はオススメできません

 

確かに何とか起きることはできるかもしれませんが、毎朝爆音で叩き起こされているようなものです。ストレスが蓄積されていきますので、気づかないうちに疲労がたまっていきます。

 

やはり、地球上の生物として、朝日で自然に目がさめるのが一番なんですよね。

 

普通の目覚まし時計で朝目が覚めたら、兎にも角にもすぐにカーテンを開けて朝日を浴びる習慣をつけるだけでも健康増進にとても効果的ですのでお試しくださいね。

f:id:ikumenpapakun:20170912181818j:image

以上、安眠や気持ち良い目覚めについてブログ記事にしてみました。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

www.papaikumen.net