七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

UFOキャッチャークレーンゲームは確率機なのか?ネットの黒い噂。

ゲームセンターでSEGAのUFOキャッチャーなどのクレーンゲームにハマり大金をつぎ込んでしまった人も多いはず。攻略法なんてものはなさそうです。

 f:id:ikumenpapakun:20171106074309j:image

取れそうなのに、やってみると掴んで持ち上げた瞬間にポトリ。

 

次は取れるかも、とひたすらお金をつぎ込んでしまい、数千円も払って景品をゲットしても、結局、買った方が安かったのでは?

 

なんて後悔することもしばしばありますね。

 

ネットで囁かれている噂に気になるものがあります。それは、UFOキャッチャー、クレーンゲームは一定条件が揃わないと取れない仕組みになっているいわば確率機であるということ。

 

アームの強弱をゲームセンター側で設定できることは知っていますが、まさか確率機だとは知りませんでした。

 

ちなみに2本アームタイプより、3本アームタイプの方が確率機である可能性が高いと言われています。

 

3本アームタイプのクレーンゲームでよくあるぬいぐるみの景品は、ドラえもん、くまのプーさん、ゴマちゃん、星のカービィなど。ミッキーマウスもありますが、どれも結構丸々と太っていて、取りづらそうな景品ばかり。

 

3本アームは細くて長くて、景品をいとも簡単にしっかりと包み込みますが、ど真ん中ストライクに持っていっても、するりと撫でて終わり。偶然リングや脇の下などに引っかかる可能性はほとんどありません。だって景品が球体なんだもの。

 

YouTubeなどで動画が話題になりましたが、祭りのテキ屋にくじ引きがあります。ヒモを引っ張るアレですね。全ての紐を引っ張り、高額な景品が含まれていないことを実証したツワモノがいました。

 

似たようなことを、とある雑誌の編集部が、自腹検証している記事を読みました。30分も続けていればみるみる1万円が消えていくそうです。私はそこまで金を使ったことはありませんが、ガッチリと掴んでいるにもかかわらず、何十回も撫でるだけって、明らかにおかしいですよね。

 

編集部が日本クレーンゲーム協会や、セガなどのメーカーに問い合わせたようですが、全てノーコメントか否定だったそうです。まあ、当たり前ですかね。

 

検証の結果は地域によって取れる確率が大幅に違うという結果に。

 

絶対に名前や会社名を明かさないという条件で、業界関係者が口を開きました。

 

UFOキャッチャーなどのクレーンゲームには確率機が存在する。

 

とのことです。

 

だとしたら相当悪質ですよね。

 

クレーンを操作するのはただの演出で、取れるか取れないかにはあまり関係ない。パチンコみたいなものです。ある意味ギャンブルですよね。

 

最近は全く取れないクレーンゲーム。もう諦めかけていましたが、この雑誌の記事を読んで、もうやらないことに決めました。自宅では3歳の息子がアマゾンで購入したおもちゃのクレーンゲームで遊んでいます。

 

はい、もちろん毎回お金はかかりません。カプセルやミニカーなど好きなものを放り込んで無限に遊べます。

 

お値段はアマゾンでご確認くださいね。↓

 

 

欲しい景品があったら、デパートやおもちゃ屋で普通に買いましょう。アマゾン、楽天市場ヤフオクやメルカリでも入手できるかもしれませんし。

 

以上、ゲーセンのクレーンゲームについてブログ記事にしてみました。

 

お読みいただきありがとうございました。