七転び八起き人生

株とFXなどの投資に興味ある40代。発達障害、いじめ、ブラック企業、適応障害休職、転職、育児など、人生の振り返りブログです。

メルカリの「いいね」意味があったんですね。

メルカリ初心者の頃、家の中にある不要なものを片っ端から写真撮って出品していました。少なくとも捨てるよりもハードオフに売るよりも儲けることができますよね。

 

↓これが記念すべき出品第一号のマジックアイテム。こんなおもちゃを出品していた頃もあります。

f:id:ikumenpapakun:20171113075116j:image 

 

でも、なんか気になったのが、

 

「出品している◯◯に◯◯さんがいいねしました」

 

というプッシュ通知がやたら来ること。

 

しかも売れない、買ってくれない。

 

いいねするなら買ってくれ!

 

と思ってしまっていました。

 

でも、メルカリにおける「いいね」はお気に入り登録やブックマーク、買い物カゴのようなものらしいです。

 

出品されている商品の中から、とりあえず、いいねをしておけば、出品者が値下げした時に、自動的に通知されるんですね。

 

出品したけど売れないから値下げしようかな、なんて思っても、いいねが付いていないと、誰にも気づいてもらえないんです。

 

この商品は値下げしましたよ、いかがですか?と見込み客に確実に知らせることができる便利な機能だったんですね。

 

だから、私はいいねが複数付いたら、たまに細かく値下げしています。10円とか100円レベルですけどね。

 

でも、あまり頻繁に値下げしていると、もっと下がるまで買うのはやめよう、なんて思われてしまいますし、何より出品者側の利益も落ちますので気をつけましょう。

 

どうしてもこの値段で売りたい、と言う思いがあるときは本文に「価格交渉はご遠慮ください」と一言付け加えたほうがいいですね。

 

結構やりとりの手間が大変ですから。

 

 

以上、メルカリいいねについてブログ記事にしてみました。

 

お読みいただきありがとうございました。